アラシノチハレ

戦後最悪の国難に入っている日本、表面上は静かですが、中は火事。

岸田首相の豹変

f:id:umiyamayukabax:20211125145705j:plain

二人の、いや三人の岸田首相

24日、自民党政調会長高市早苗氏のツイッターより

「朝刊に、衆院選政権公約』に党内で不満の声が上がっているとの声がありました。私が勝手に作ったと書いてありましたが、岸田総裁に見て頂き修文した上で、部会長会議、政調審議会、総務会の審査を経て、党として正式に決定した公約です」

ウソを書かれた高市氏の憤懣やるかたない気持ちが伝わってきます。

どこの新聞なのか分かりませんが、普通に考えれば朝日新聞か毎日でしょう。
両紙ともウソは書いて当たり前の韓国系新聞ゴロ、朝鮮系新聞ヤクザが発行しているアジビラですから。

     

f:id:umiyamayukabax:20211125145804j:plain

 

 岸田首相の急激な媚中と破壊的な移民政策に合わせるようにメディアの高市つぶしと間接的な安倍攻撃、そして日本の弱体化が始まっています。
どんなチャンスでもまずはやってみる、のが奴らの手口です。

 静かで大人しいという岸田評ですが、こういう人物はケンカ慣れしていないため限度が分からず、最後まで徹底的にやったあげく結果は悲惨極まります。
しかしケンカ慣れしていると限度を心得ていますから、大事には至りません。

例え方は不適切でしょうが、安倍前首相はケンカ慣れしていて安心感がありました。
しかし岸田首相はケンカ慣れしておらず、どこまで行くのか全く安心もできず信用もできません。

 中国とは外交でもケンカをせねば飲み込まれます。
しかしケンカ慣れしていない岸田首相にそもそもケンカはできないでしょう。

逆に習近平は数千年にわたってケンカしてきた漢民族の遺伝子を持っています。
岸田氏と習氏では勝負にはなりません。
それは林外相とて同じです。

結局岸田首相は自分から進んで中国に食われることで、身の安全と将来の保証を求めていくことしかできません。

この先岸田政権の親中姿勢は激しくなり、人権問題は放置され、尖閣も放置され、北京五輪に参加し、移民を無期限で大量流入させ、中国とも裏で手を結びかねません。

親中議員もバカではありませんから、中国の気をひくために、なおさら中国のために働きます。
こういう中国にすがり、顔色をうかがい、添い従う岸田政権なんぞ放置しておいては日本もそのまま中国に呑み込まれかねません。

今や岸田首相は中国のための道具に過ぎません。
中国の道具を首相にしておかねばならない理由はありません。
百害あって一利なしの岸田首相には、即時辞任を求めます。

 

f:id:umiyamayukabax:20211125145938j:plain

枯れ葉の秋は過ぎました。岸田政権にもさっさと散ってほしいものです。

 

立憲民主党代表選とニューヨークのクリスマス

f:id:umiyamayukabax:20211122164736j:plain

クラゲのような

✖ 西村氏はあの「50歳の自分が14歳の子と性交したら」と言ってのけた元エロ議員本多平直の女房です。
代表になる目的は無職の亭主をまた議員にして優雅な議員人生を再び、という物欲だけです。
蓆(むしろ)に包まれて東京湾に捨てられるレベルです。

 

✖✖ 逢坂氏のウリは、あの左翼顔と目つきです。
人徳も魅力も知性も感じさせない彼のご尊顔を拝しただけで、まともな国民は立憲民主党に眉をひそめ、そっぽを向きます。

左翼はみな男も女も顔つき目つきが似てきます。
最初はみな明るくそれなりなのに数年経つと顔は卑しく目つきはきつくなってきます。

どちらかというと男より女のほうが変化が激しく、左翼思想・共産主義は顔も心も目つきまでも変えてしまいます。

 

● 代表としてはやはり”あの小川氏”で決まりでしょう。
若さも映画にも出た知名度もピカ一。
衆院選では、泣きながら維新候補に辞退を懇願しその実家まで押し掛けた議席への執念も見事でした。

自民党の嫌がることをやる」と言ったそうですが、政治をその程度にしか見れないレベルも立憲民主党を代表するにふさわしい人物です。

特に氏の素晴らしいところは常人とは明らかに違う心と感情を持っていることです。
不健康な肉体に不寛容で異常な精神を持った議員ばかりの立憲民主党ですが、彼は立憲民主党そのものです。

彼を議員にした有権者ともども、まとめて全員で代表になってほしいくらいです。
選挙区はどこだっけ、まあ知りたくもありませんが。

  

f:id:umiyamayukabax:20211122164922j:plain

世が世なら

全職員のうちどれほどがそうなのかは分かりませんが、天下りの官僚から新人の職員まで宮内庁は巨大な既得権益の組織でもあるようです。

仕える相手が相手ですから、これはある程度は仕方ないと思えますが、それだけに宮内庁を自分の運転手・金庫と勘違いしたナンチャッテ夫婦が登場してくるのも当然かもしれません。

 そのナンチャッテ女房は、秋篠宮家からの脱走を企てながら秋篠宮家に生まれた運命からは逃げられず、口で自由を叫びながら、身体は既得権益と忖度の中にどっぷり浸かってアメリカにいます。

結局は皇史に汚点を残しただけで、周囲の忖度を期待しながら奇妙な男と闇の多い母を抱えて生きていくことになりました。

       

f:id:umiyamayukabax:20211122165207j:plain

ニューヨークのクリスマスツリー

これからクリスマスに包まれるニューヨーク。
雪景色、クリスマスツリー、サンタ、ジングルベル、ケーキ、ミュージカル、仲間や支援者のパーティー、ワインとお食事会。
神道はとりあえず天井裏にでも上げておきましょう。

ナンチャッテ亭主の再試験は2月ですが、何事も常識を超えて按配よく解決できるらしい亭主ですから試験の結果はもう決まりつつあるのかもしれません。
精いっぱいアメリカの年末年始、新春を楽しんで思い出をつくり、帰国はそれからでしょうか。

アメリカに行っても、疑惑も問題も何一つ解決しません。
日本で向き合わなければ、何事も解決しないのです。
アメリカで余計な知恵がついて狡くなるだけで、問題は肥大化し深みにはまっていくだけです。

f:id:umiyamayukabax:20211122165236j:plain

もうじきクリスマス、補給艦「とわだ」

 

ナンチャッテ夫婦

   

f:id:umiyamayukabax:20211118163232j:plain

狸にも言わせろ

国民という土台を食い散らかし、菊までも蝕み始めた小室ナンチャッテ夫婦。
渡米しましたが、向こうでの生活は経済的には当面は問題ないと代理人弁護士の言葉。

母親の借金問題もあっさりと片がつき(支払いも完済したのかどうかは不明)とまあすでに相当の出費。
元をたどれば国民の税金ですが、二重橋の両岸では暗黙の了解があり、幾らだろうと普通なら国民は何も言いません。

しかし自由を唱えながら、肝心なところは総て他人と税金頼みという小室ナンチャッテ夫婦の生き方にはやはり違和感があります。
ならば家賃も生活も仕事も警備費用も総て自分たちの才覚で始末すべきでしょう。

 なのに先月26日だったか二人の会見では、批判する国民を敵視し、世話になった関係者だけに礼を言ったナンチャッテ眞子氏。
しかしその世話をした関係者たちの給与・経費の総ても国民の税金であり、彼ら自身も国民に雇用されている公務員です。

宮内庁長官以下その他関係者も総て宮仕え、タダでは動きません。
その肝心なところには頭が働かないナンチャッテ眞子氏。
あげくPTSDという嘘までついた彼女のあの日の言葉はまさに国民に対する挑戦ともいえ、「鼬(いたち)の最後っ屁」でした。

 自由を謳う秋篠宮家、妹の佳子内親王悠仁親王も似たようなものでしょうか。
大事なのは人ではなく皇統のはずです。
これは二重橋の向こうにお住みになる方々の宿命です。
国民もみな自分の家庭としがらみを引きずっており、皇室だけが特別とは思えません。

 その眞子氏の亭主が、これまた尋常な男ではありません。
笑える状況ではない場面でも、マスク越しに見える目は笑っています。
社会をナメている証拠であり、尋常ではない人生を生きてきた証でもありましょう。

ご存じのごとく彼は試験に落ちましたが、代理人弁護士は合格点の問題ではないと明言した(女性自身)そうです。
じゃ一体何が問題だったのか、そこは言いません。

 今まで何もかもが奇妙なほど順調に進んできた小室氏の軌跡。
普通ではあり得ず、支援者、宮内庁、皇室、おそらく政府もグルになって庇護されてきたとしか思えず、バカを見ているのは国民です。

         □

 ジャーナリスト篠原常一郎氏による小室母への告訴は返戻で戻され再度の準備が進んでいるようですが、これも検察と神奈川県警は放置するか、あるいは小室母を渡米させて蓋をする可能性もあります。

警察と検察は正義のために働く? いいえ働きません。
彼らと正義は何の関係もなく、あくまでも法に則り法に従い、権力に従うだけです。
ですから共産党の天下になれば共産党に従います。

小室ナンチャッテ夫婦のご都合主義と身勝手、そして小室自身の闇、それをなおさら隠蔽し結果として煽る宮内庁、支援者の傲慢、看過できません。

            

f:id:umiyamayukabax:20211118163315j:plain

虫に蝕まれる菊

 小室問題は、まんざら悪いことばかりでもありません。
まずは宮内庁の無能と無定見を天下に知らしめました。

もっとも大きな小室効果は、秋篠宮家の異常な家庭環境と、秋篠宮ご自身とその悠仁親王の”天皇となる資質”への大きな疑問を国民に感じさせたことです。

 でも本当の問題はこれからです。
それも永く尾を引き、二人に子供ができればより深刻化するでしょう。

天皇と皇室の廃亡を望み、国体の消滅を望む朝日新聞社など日本の左翼メディアも表向きは静観していますが、中ではすでに二人を利用すべく動き回っているようです。

小室ナンチャッテ夫婦と秋篠宮家は、反天皇派・反保守派・反日活動家と在日外国人・中国・韓国・北朝鮮にとっては絶好のカモです。
金を餌に、ポストをネタに、厚遇で、小室ナンチャッテ夫婦はすぐに引っかかり、秋篠宮家も道連れになります。

 籠の外の鳥になりたかった眞子氏。
親しい友人もいないらしく、籠の中に入ることで生きていく道を知った小室氏。
眞子氏は自分がハンドルを握っていると吹聴し、メディアもそう報じていますが、そうでしょうか。
小室氏はそこまで単純な男でしょうか。

ナンチャッテ夫婦、眞子劇場はこれから第二幕です。
筋書きはなく、明日のことはナンチャッテ夫婦にも分からないでしょう。

f:id:umiyamayukabax:20211118163359j:plain

静岡県沼津御用邸



 

 

 

アジアの狂人習近平

f:id:umiyamayukabax:20211114171856j:plain

狂人に刃物

f:id:umiyamayukabax:20211114171946j:plain

新外相、前途波高し

f:id:umiyamayukabax:20211114172059j:plain

共産主義に未来は無し

対中姿勢については日本も八方美人的外交は通用しない時代になりました。
今は逃げても、近いうちに必ず共産主義陣営か自由主義陣営かを選択せねばならぬときがきます。

統制と圧政と弾圧を共産主義で固めた中国に従って隷属し、自由世界と対決するか、あるいは自由世界の主要国となって世界を漢人化しようとする中国と対決するか、いずれにせよ日本はその最前線です。

共産主義自由主義、先で苦労するなら今のうちに旗幟鮮明にしておくべきです。
もちろん自由主義陣営の一員としてです。

来年の北京オリンピックも中国次第で参加を拒否すべきです。
五輪と政治は別ではありません。

来年の北京五輪中国共産党の完全なプロパガンダ装置になることは明白です。
おそらくウイグルチベットあるいはモンゴルなどの少数民族も何事も無かったかのように出演させ民族舞踊でもやらせるでしょう。

自由主義陣営の一員とは左翼野党や朝日新聞を筆頭にした左翼新聞やテレビは猛反対するでしょうが、奴らに合わせていては絶望しかありません。
奴らは自分のやったことに対して絶対に責任は取りません。
責任の無いところに国も社会も存在できません。

 

f:id:umiyamayukabax:20211114172142j:plain



 

 

中国中共こそ平和の敵

f:id:umiyamayukabax:20211111164518j:plain

スパイ防止法を急げ

f:id:umiyamayukabax:20211111164606j:plain

再生可能エネルギーは天気依存エネルギーなどと呼び名を変えるべき

f:id:umiyamayukabax:20211111164721j:plain

強制臓器移植の共犯公明党創価学会

日本には多くの親中媚中派があふれています。
その多くの人々にも、本人や家族あるいは親戚、知人、支持者など中国で臓器移植を受けた人はおそらく想像を超える数で存在すると思えます。

こうなると移植された者は中国の批判もできません。
あらゆるデータは中国にあり、慣れた医者も中国なのですから。

 自民党野田聖子氏も富裕な高齢者夫婦などを中国に送って高度な施設で老後を豊かに送らせ、弱ってきたら日本に送り返すという噴飯物の事業を始めるという報道が以前ありました。

おそらくですが、かの地で移植を受ける、あるいはそれが目的で行く高齢者は相当数いると思えます。
そして肝臓や腎臓あるいは心臓も、若くて健康な臓器なら本人も間違いなく若返ります。
結果野田氏にも相応のものが返ってくるでしょう。
これは妄想でも空想でもなく、現実と思えます。

日本には政界財界を含め、こういう人々が相当数いると思って間違いないと思います。
自分の命がかかっている以上、愛国心はとりあえずは蚊帳の外です。
外交や交流もそういう人々を想定しておくべきだと思います。

f:id:umiyamayukabax:20211111164812j:plain

天気次第で再生できない再生可能エネルギーという真っ赤なウソ

 

サンクチュアリ

f:id:umiyamayukabax:20211107165530j:plain

サンクチュアリに逃げ込むやつら

そして大臣なのに現地で丸一日完全に連絡を絶ちました。
どうやら女と酒がある場所で遊んでいたらしいという噂でしたが、おそらく真実でしょう。

そんな赤松もすでに引退し、サンクチュアリは今では近藤という議員が代表を務めています。

 環境問題が世界的に起き始めたとき、鳥獣の保護や禁猟区を意味したこのサンクチュアリ
日本語訳では「聖域」として、鳥獣たちが最後に逃げ込む場所、逃げ込める場所として多用されました。

 でも立憲民主党では議員が逃げ込む場所になっているようです。
誰に追われるでも殺されるでもないのに、左翼と極左の逃げ場サンクチュアリ
よくも名付けたりです。
自分たちは害獣であることを自覚しているのでしょうか。

f:id:umiyamayukabax:20211107165651j:plain

秋篠宮

 兄つまり今上陛下に対する育て方は、天皇になるための想像を絶する厳しいものだったようですが、弟君の秋篠宮様は違いました。
これは古来より、相続での戦やもめ事を防ぐためでもあったのでしょう。

 仮に今上陛下に万一のことが起きても秋篠宮は表面上だけの天皇にしかなれません。
ましてや秋篠宮の長子である悠仁親王となれば、天皇になる教育はほとんど行われて来なかったに違いありません。

今そうなっているのは、今上陛下ご夫妻に男子はもう望めない状況だからです。

 眞子内親王の行為はそのまま秋篠宮家がどのような家なのか、天皇皇嗣とはどうあるべきか、国民に教えてくれました。
眞子氏の弟君である悠仁親王には天皇になられる資格があるのか、いやそもそもなれるのか、大きな危惧を感じます。

でも悠仁親王はいつか必ず天皇になられます。
どのような天皇になられるのか、国民の一人として危機感を持たざるを得ません。

 さりとて天下りヘボ官僚たちが逃げ込むサンクチュアリと化している宮内庁は危機には全くの役立たずです。
彼らは国民の税金をいくら費消しようと、しょせんは他人の金という感覚しかありません。

ネットでは真偽は分かりませんが、青山のマンションを一棟ごと借りているという投稿すらありました。
これに限らず、小室某夫婦への異常で巨額な各種出費が公になれば皇室どころか現政権の批判にもつながります。

小室某夫婦が皇室と天皇家に与え続けている被害はいずれとんでもないところにも飛び火し、皇室への延焼も有り得ます。

さりとて皇室はみずからは何もできません。
政治による一日も早い歪む皇室の立て直しを願うばかりです。

f:id:umiyamayukabax:20211107165749j:plain

結局最後は自衛隊と国民

f:id:umiyamayukabax:20211107165832j:plain

新聞・テレビ、左翼芸人 オレたちよりバカで危険だぞ




 

衆院選始末

f:id:umiyamayukabax:20211102165613j:plain

天罰

枯れ木の枝に一枚だけ残ってしがみついている枯れ葉のような社民党は、支持者の高齢化に合わせて落ちるときも落ちたときも誰も知らないまま自然に消えていくのでしょう。

あの福島瑞穂という地縛霊、国会にしがみつき、歳費を貪る根性だけは大したものです。
彼女は社民党内でも人望が無く、陰では社会党の遺産を食いつぶした女だと批判されているそうです。

国会で首相や政府を批判するのは、うっぷん晴らしなのかもしれません。

f:id:umiyamayukabax:20211102165727j:plain

おやまあ

一方同じ野党でも維新は地元大阪では議席が11から41になる大躍進でした。
しかし同時に維新が地域政党であることも鮮明になり、何かあれば集団で一気に落選という危険さも含んでいます。

怠け者の立憲と共産が政権批判と追及だけで目先を誤魔化して遊んでいたおかげで、維新がすぐ後ろに追いついてきました。
次の次には立憲も維新に追い越される可能性があります。
立憲と共産の自分の足元さえも分からない鈍感ぶりと愚鈍さには、あきれるしかありません。

f:id:umiyamayukabax:20211102165806j:plain

チッ 何が立憲か、笑わせるな

投開票31日の翌1日、東証株式は前週末比754円39銭高と高値で終えました。
衆院選での自民党の安定で政治不安が解消し、幅広い銘柄に買いが入りました。

仮にメディアが当初想定していた自民党惨敗なら大暴落していたところです。
野党が勝てば株が下がる、負ければ上がる、これは市場つまり経済界が野党に何の期待もしていないどころか、危険性さえも感じている証拠です。

 経済は国の根幹です。
経済を軽視する国がどのような悲惨な結果を迎えたか、世界の近現代史をみれば一目瞭然です。
共産党中国が今のように発展したのは、とにもかくにも経済を重視してきたからです。

ところが日本の共産党は完全に経済無視で大企業を増税のための金庫くらいにしか見ていません。
委員長の志位和夫から末端の党員まで、その経済観の無さと無責任ぶりは目を覆いたくなるほど劣悪です。
これは立憲民主党も全く同様です。

経済界から疎んじられ、危険視される立憲民主党共産党
あろうことか衆院選では共闘までして麻生財務相に立憲共産党とこき下ろされる有様でした。

経済無くして国家も国民もありません。
経済無視どころか安保まで無視する立憲民主党共産党
政権を取るどころか、政党として存在することすら許されません。

立憲民主党共産党、そのチング―である左翼新聞朝日新聞社や左翼テレビNHKやTBSも同様です。
奴らに絶対に気を許してはならないと思います。

f:id:umiyamayukabax:20211102165927j:plain

朝の潜水艦桟橋